都会の暮らしにちょっと疲れた貴方・貴女へ。
  ゆっくりと時の流れる沖縄・碧海から癒しのアイテムを提案します。
 
   
下村将史(しもむら まさし)

「感音性難聴」という聴覚障害を持つ、
東京都出身沖縄県在住。
沖縄移住歴14年目。(2015年2月現在)

前職は某建設会社の意匠設計部社員。
下村将史 下村将史 下村将史
  生年月日:1970年7月9日。泣く日に生まれたせいか、人一倍涙腺が弱い。
  出生地:神奈川県鎌倉市。本籍は東京都豊島区。沖縄に移住する直前の実家は東京都目黒区。
  特技:長い距離をとことん歩くこと。元マラソンランナーとして培った脚力は今も健在かな。
      時間があれば、外に出て何時間でもウォーキング。
  趣味:小旅行、音楽鑑賞、スキューバダイビング、ウィンドゥショッピング、ヒューマンウォッチング。

沖縄へは2002年2月に、東京都民の籍を抜いてやってきました。元来すごい泣き虫だったので、沖縄にやってきた日の夜は、カーテンも何もないひとりぽっちの部屋で泣いてはやめ、また泣いてました。携帯のメールで家族や色んな友達から心配のメッセージをもらうたび、『ホントに沖縄に来ちゃったんだ・・・。』ってちょっぴり後悔の色もあった。けど、“まずは自分が変わらなきゃ!”と思い、一度決めたことを貫く為にも、泣いてばかりもいられないと思うようになったのかも。
移住したたての頃の、あの寂しくて泣きたくなる、ほろ苦い思い出が一番印象に残ってます、自分には。

◆なぜ「沖縄リゾート雑貨 碧海」を設立したのか?

『お客様に感謝され、愛される雑貨ショップを立ち上げたい!』
そもそもの原点って言えば、根っからのリゾートホテル(特にアジアンリゾート系)好きだってゆうことと、小さい時から夏休みに毎年訪れていた軽井沢の別荘のそばの郷土土産屋さん。お手伝いとしてやまぶきの枝に和紙で作った風車を針で固定した、手作りの風車・・・などなど色々な雑貨を作ってはレジ横に置いてもらってたこともあり、『大きくなったら、こういうのやりたいな』って思いが、そのまま大きくなった今でも残っていたことから来るゆえんなのかも。小さい頃から雑貨好きだったのなら、いくつになっても そういう気持ちは簡単には変わりませんよね。雑貨っていうと、扱う分野がもう幅広いし。

それだけでなく、もっともっと全国のみんなに沖縄の素晴らしいところを知ってもらいたい。もっと沖縄を身近に感じてもらいたい。そのためにもうちなーんちゅ(沖縄人)ではなく、移住者の私の視点から捉えた沖縄を発信してあげたい。また、日々の都会の喧騒や雑踏を忘れ、カラダをほぐすように癒してもらえるような雑貨アイテムを提供してあげたい。そういう思いが私の中で大きくなっていったんだろうと思います。私にとって、雑貨とは切っても切れない関係なのだと思います。

◆なぜ東京ででなく沖縄で、なのか?

『ホントは南の島であれば、どこだってよかった。』
ダイビングで訪れてから、気がついたらハマっていた沖縄。沖縄だけでなく、 海外リゾートへもダイビングで あちこち回った。だけど、もう1つ好きだった国がハワイ(ホノルル)だった。似てないようでも、でもやっぱりどこか似てるとこってあるじゃないですか 、沖縄とホノルルって。ハワイは空港に着いた時点でもう常夏トロピカルな香りのレイと、気持ちのよい風が迎えてくれる。おまけに屋台風の雑貨ショップも数多くあって楽しいじゃないですか。私がハワイに行ったのは残念ながら4回とも全部ホノルルマラソンついでに行った12月だけ。だから涼しいハワイしか知らない。もっと暑い時のハワイも経験してみたいけれど、 あちこちショッピングで回るなら、気候的には12月でもいいのかもね。街もにぎやかで楽しいし。だけど、沖縄は逆にそのにぎやかさもないし、暑い日と寒い日のギャップが大きい。日本だからそれで安心してしまってるっていうのもあるし、たとえば補聴器の電池がなくなったらどうしようとか、自分が障害者だから、日常生活面での保障を考えて日本の方を、と。 それで、ハワイ移住の夢も一時はあったんだけど、生活の面ではやはり沖縄がいいかな。それで(沖縄に)決めたんですよ。

「自分の人生は、自分で決める!親や周り(会社なども含めて)に操られて生きたくない! 沖縄を舞台にネット通販業界で頑張る!」と、親の猛反対を押し切り、決断から5年ちょっとで沖縄移住を果たし、そこで3年間、2つの会社の通販体制を勉強し、この春、独立する事に決めました。 「初志貫徹」沖縄に対する私の思いを理解してもらい、満足顔で買って行かれて、結果としてお客様に感謝されるのであれば、この姿勢は絶対に崩さずに貫こう!と心に誓い、毎日、毎日頑張りました。


『迷いの中からのスタート・・いずれは法人化にしたい!』
サラリーマンとして給料をもらいながら働いていた3年間も、もちろん今後の独立開業を見据えて、ある程度の準備はしておりました。その中で不安材料を取り除く1つの手段として、テストマーケティングを行いました。『沖縄の風にかえろかな』のオリジナルTシャツ、タンクトップ、かわいらしいミニチュアTシャツなどを個人サイト上で、そしてまた、ヤフオクや楽天オークションなどでも販売しておりました。このことが顧客引き上げにつながり、メールマガジンを通して、リピーターも獲得出来ました。

サラリーマン時代は“週末起業”という、趣味に近い形でやっておりましたが、その間、デザイン変更が1回あって、変更後のデザインが大好評を得て、独立開業した時にはこれでいこう!と決めていました。

今回、法人としてやるか個人事業としてやるか、そこはすごく迷いましたが、スタートするなら個人事業も法人も同じだと思うし、人数も少ないことも考慮に入れ、個人事業主からのスタートでやることに決めました。

私の沖縄に対する考え方や思いが、全国のネットユーザーにどこまで通用するのか?残念ながら、その答えは まだ見えていません。しかし、確実に指示・アドバイスしてくださるお客様がいる限り、その糧を大切に温めながら頑張って行こうと思います。店長としてまだまだ未熟な部分もありますが、これからもよろしく お願いします。