都会の暮らしにちょっと疲れた貴方・貴女へ。
  ゆっくりと時の流れる沖縄・碧海から癒しのアイテムを提案します。
 
「ラメールブルー・オキナワ」とあかばな(ハイビスカス)。

「ラメールブルー・オキナワ」はフランス語で、「沖縄の碧い海」と訳しています。
そう。 フランス語でいう、「碧海」の事を指すんですね。

なぜ英語じゃなくフランス語にしたのかというと、これはもう店長の好みもあると思うけど、英語だと「ブルー シー イン オキナワ」となり、スペルがビジュアル的にも冴えないんじゃないかなぁ、と。

フランス語で表現した時、「ラメール」そのキーワード自体に“偉大な母”“海”との関係が見え隠れしていることを知り、(※詳しくは[ 碧海について ]ページを参照のこと)『よし、これだ!』とひらめいた・・・までは、デザインカラーまでは決定していなかった。

文字ロゴカラーを、群青色の海のイメージで、ちょっと明るめのネイビーにし、そこに沖縄の県花でもある真っ赤なハイビスカスを添えてデザインしたらどうだろう。

これが、デザインコンセプトの発端だった。

偶然にもフランスの国旗カラーは青(紺)と赤と白。この3つの組み合わせを「トリコロール」と呼んでいる。(トリコロールとはフランス語で三色という意。)

よし!「ラメールブルー・オキナワ」はトリコロールカラーで行こう、と。
店長自身がトリコロールカラーのファッション好きということもあるのですが。

何より、店長が「これは絶対に着たい!」と思うものを納得いくまでデザインして、ショップに置いてもらうことが夢でもあったので。

シンプルな感じに仕上がったけれど、どことなくスポーティな感じで、老若男女問わず、誰でも着れるデザインだと自負しております。

消費者のニーズに応えて、Tシャツカラーをベースカラーのホワイトだけでなく、ライトブルー、ライトピンクも取り入れましたが、どれをとっても、あなたにお似合いの一着になること間違いナシ。
Tシャツもジュニア130センチから用意してありますので、お子さんと家族でペアルックなんていかがですか?